DHAとEPAの違いはなに?

DHAとEPAの違いってなに?

DHAとEPAは、青魚に含まれている栄養素としていまは多くの方に知られるようになりました。しかし、それぞれの違いを明確に理解している方は少ないのではないでしょうか?

これらの2つは、いずれも脂肪酸の中では不飽和脂肪酸という種類に該当しています。その中でも、不飽和脂肪酸として作用する性質が強いために高度不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸と言う名称で呼ばれるようになっています。

従って、どちらも体にとって欠かせない油の成分だということになります。

DHAの正式名称はドコサヘキサエン酸

まず、DHAはドコサヘキサエン酸が正式な名称です。

DHAは脳の伝達性を高めてくれる作用があるために、記憶力を高めることが期待出来ます。また、目の網膜への作用もあります。

それらの作用が期待できるため、頭が良くなることや記憶力が良くなることで人気となり、いまではサプリメントの中でも1、2位を争うほどの人気の栄養素となりました。

青魚と言えば安価で庶民的なものですので、本来は誰でも気軽にDHAを摂取できるはずなのですが、やはり魚嫌いの子供が増えていることもあり、一般の食材からは思ったように摂取できていないというのが現実です。

その他、最近では痴呆症の予防や改善効果についての研究も広く行われるようになり、再びDHAが脚光を浴びています。

EPAの正式名称はエイコサペンタエン酸

一方、EPAはエイコサペンタエン酸が正式な名称です。こちらは、血圧を下げる作用があります。

加齢に伴い高血圧になりやすいため、血圧の降下作用があれば正常な健康状態を保ったり、高血圧を軽減させたりすることが期待できます。

また、血液の流れを良くする効果が同時にあるため、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化の予防に役立ちます。

そして、中性脂肪を低下させる効果もあります。動脈硬化も中性脂肪の上昇も、特に加齢に伴ってリスクが高まってくるために、予防策としてEPAの摂取が望ましいとされています。

したがって、青魚による血液の流れが良くなるための成分というのは、DHAではなくEPAにあります。

普段の食生活の中で、これらの成分でどちらの働きを期待するかという意識よりも、両方の成分が健康維持のためにそれぞれの効果があると把握しておくと、より安心して摂取が出来るようになるでしょう。

青魚でDHAとEPAを摂取しきれない場合はサプリメントも活用しよう

アジ、サンマ、イワシなどの青魚を食べる食生活を継続して行くことで、DHAとEPAが持っている効果が期待できるようになります。

ただ、毎日の食生活で補い切れない場合には、これらの成分が配合されているサプリメントを活用するのも効果的な方法です。

たとえば、高血圧や動脈硬化の恐れの方が自分にとって強いと感じる場合には、EPAを多く含むサプリメントを選ぶようにします。

また、脳の老化を防ぎたいとか勉強で記憶力を上げたいとかの目的がある場合には、DHAを多く含むサプリメントを選ぶようにしましょう。

もっとも、現在市販されているDHAとEPAのサプリメントは両方がバランス良く配合されているものがほとんどですので、口コミなども参考にしながらまずは一つ試してみることをおすすめします。

 

DHA・EPAサプリ選びの参考:「DHA・EPAサプリ委員会|話題のサプリメント徹底比較


DHA・EPAサプリの選び方のポイントは?

DHA・EPAは血管年齢維持や脳のサポート効果から人気が高く、たくさんの種類のサプリメントが開発されています。

でもあまりに種類が多すぎて、何を選んだらいいのかわからないのが現状ですよね。DHA・EPAサプリはどんなものを選ぶのが間違いないのでしょうか?選び方のポイントを見てみましょう。

DHA・EPAを飲む目的によって選ぶサプリは変わる

まず思い浮かべてほしいのが、何のためにDHA・EPAのサプリを飲むのかという事です。

中性脂肪やコレステロールの値が健康診断で高かった人もいるでしょうし、受験や仕事のため脳の働きを良くしたい人もいるでしょう。スポーツの記録を伸ばしたり、体力を向上させたい人もいるかも知れませんね。

実はDHA・EPAはそれぞれ効果が異なりますし、DHA・EPA以外に配合されている栄養素もサプリメントによって全く違ってくるんです。

目的にピッタリなDHA・EPAサプリがそれぞれあるんですよ。

中性脂肪・コレステロール・血管年齢対策にはEPA多めのサプリ

DHA・EPAで最も有名な作用と言ってもいいのが血液サラサラ効果ですよね。これは血管壁や赤血球の細胞壁をDHA・EPAが柔らかくすることで、血液が流れやすくなった状態を言います。

血液サラサラ効果はDHA・EPA共通の効果で、血行が良くなる事で酸素が体中の細胞に配達されやすくなり脂肪燃焼を助ける効果があります。中性脂肪のほか、皮下脂肪を減らすのにも有効なんですよ。

ただこの血液サラサラ効果はDHAよりEPAのほうが高いので、中性脂肪が気になる人はEPAが多く入っているサプリを選んだほうがいいでしょう。

EPAは糖や炭水化物から中性脂肪が合成されるのも防いでくれるため、今ある中性脂肪だけでなく、これからの増える中性脂肪も予防してくれます。

それだけでなく、実はEPAを摂取して中性脂肪が減ればコレステロールも減り、動脈硬化が予防され血管年齢の維持にも繋がるんです。一連の健康問題を防ぐのにもEPAが多め(1日分100mg以上あれば理想的)のサプリメントがいいでしょう。

またDHA・EPAとは別に血液サラサラ効果のある成分が一緒に配合されているサプリを選ぶのもいいですね。

中でもナットウキナーゼは血を固まりにくくサラサラにしてくれるので、一緒に配合されているものがオススメです。

脳の働きをサポートするならDHA多めのサプリ

DHA・EPAはよく似た働きの成分ですが、実は脳に届いて作用するのはDHAだけなんです。

DHAは脳細胞同士をつなげるシナプスや、記憶を司る脳の海馬の材料になる大切な物質です。補給することで頭の回転や記憶力に影響すると言われているんですね。

仕事や受験のために飲むならDHAが多く(1日分300mg以上あれば理想的)配合されたDHA・EPAサプリがオススメです。

スポーツや体力向上にはEPAとアミノ酸が有効

血液をサラサラにすることで、細胞にどんどん酸素が届けられエネルギーが生み出されます。その効果で持久力や体力がついて、スポーツの結果や毎日の元気に繋がるんですね。

血液サラサラ効果がより高いのはEPAですので、スポーツや体力向上にはEPAが多く配合されたものを選ぶといいですね。

また、エネルギーのもとになるアミノ酸も一緒に配合されているスポーツ用のDHA・EPAサプリを選ぶともっと効果的ですね。

まとめ:目的に合ったDHA・EPAサプリを選ぼう

中性脂肪や血管年齢、脳のサポート、体力やスポーツ、それぞれにピッタリな配合があるんですね。

DHA・EPAサプリは概ね含有量が表示されていますので、どれにしようか迷った時は「こっちのほうがEPAが多いな」「こっちはDHAが少なめだな」というふうに比べながら選ぶといいでしょう。


DHAやEPAと一緒に摂ったほうがいいサプリってある?

動脈硬化を防ぎ血管年齢を若く保ってくれたり、脳の働きを助けたり、DHA・EPAは今注目の栄養素です。

でもさらに効果をアップさせるには、ほかにどんな栄養素を一緒に摂取したらいいのでしょう。

抗酸化ビタミンとセットでDHA・EPAの酸化を防ぐ

あまり知られてはいませんが、DHAとEPAはとても不安定でデリケートな栄養素です。酸化しやすく、生魚を食べて摂取しようとしても、ごく新鮮なうちに食べてしまわないとDHA・EPAはダメになってしまうんです。

そこで酸化を防ぐ抗酸化ビタミンと一緒にDHA・EPAを摂取することが大切なんですね。

ビタミンC・ビタミンEなどがその効果があり、いずれもDHA・EPAが酸化するのを防いでくれます。どちらのサプリメントもドラッグストアなどで手軽に手に入るので、DHA・EPAと一緒に取り入れたいですね。

またゴマからとれるセサミンも同じように酸化を防ぐ効果があるのでオススメです。

ビタミンC・ビタミンE・セサミンはDHA・EPAを摂取するためのサプリメントにはセットで配合されている事もあるので、成分表示をチェックしてみましょう。

ナットウキナーゼでもっと血液をサラサラに

DHA・EPAは血管や赤血球を柔らかくして血液を流れやすくする血液サラサラ効果がありますが、ナットウキナーゼという納豆のネバネバ成分からとれる栄養素はそれをさらに高めてくれます。

納豆を食べてもいいのですが、納豆には血液を固めるビタミンK2が配合されています。そのままでは血液サラサラ効果が出にくい状態なんですね。

納豆キナーゼはこのビタミンK2を取り除き、血液が固まりにくく流れやすくする効果を取り出したものです。

こちらもDHA・EPAのサプリメントと一緒に飲んでもいいですし、セットで配合されている場合もあります。

特にDHA・EPAで血管年齢を若返らせたい人には一緒に摂取してほしい栄養素ですね。

アミノ酸とEPAの組み合わせで体力アップ

EPAの血液サラサラ効果でスポーツをする時も持久力がアップしたり、心臓の負担が軽くなったりという効果があります。

EPAと一緒にアミノ酸を摂取するとより体力が向上するので、スポーツの記録を伸ばしたい、疲れやすい人にオススメの組み合わせです。

まとめ:目的に合わせてサプリメントを追加しよう

DHA・EPAはデリケートな栄養素なので、酸化しないように抗酸化作用のあるビタミンなどの栄養素が相性抜群なんですね。

あと血液サラサラ効果をさらにアップさせるナットウキナーゼや、体力を向上させてくれるアミノ酸もDHA・EPAに組み合わせるのにオススメな栄養素です。

どちらもDHA・EPAのサプリメントに一緒に配合されている事も多いので、別々に買うよりも目当ての成分がセットになっているサプリメントがあればそちらが良いですね。

血管年齢の維持や体力向上など、自分の目的に合わせて組み合わせる栄養素を選びましょう。


DHAで生活習慣病を予防

DHAは魚に主に含まれている不飽和脂肪酸のことをさし、ドコサヘキサエン酸と呼ばれます。

血液の循環を良くする働きがあり、動脈硬化を予防するため、心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中を引き起こしにくく、中性脂肪を減らすため善玉コレステロールが増え、高血圧や脂質異常症といった生活習慣病も予防してくれます。

この他、皮膚炎やアトピー性皮膚炎にも良く、脳の発達や機能を高めることができます。そのため近年ではアルツハイマー型の認知症の予防としても注目されてきています。

推奨されるDHAの1日の摂取量はどれくらい?

DHAは1日の摂取量が1g以上とるのが望ましいです。魚に換算するといわしなら2匹、マグロの赤身なら800gです。

これを毎日とるのは難しいので、DHAサプリなどを上手に活用すると良いでしょう。

なお、健康に良いからと言って多くとりすぎてしまうと、出血した時になかなか止まらなくなることがあります。また、吐き気やゲップなどの不快な症状が出ることもあります。DHAサプリメントなどで補う場合は摂取のし過ぎに気を付けるようにしましょう。

生活習慣病対策にDHAが良いとされる理由

生活習慣病にDHAが良いとされる理由にはいくつかあげられます。

まずは悪玉コレステロールを減少することができる、という点です。悪玉コレステロールは通常の場合、体の隅々に必要なものを届ける働きがありますが、過剰に増えてしまった場合、血液がドロドロとした状態になります。

DHAは善玉コレステロールを増やすことができるので、血液中の脂質のバランスを良い状態に保つことができ、高脂血症や動脈硬化の予防をすることができるのです。高脂血症や動脈硬化、糖尿病はサイレントキラーと呼ばれ、最悪の場合は死に直結する病でもあるので、血管の状態を良い物に保つことはとても大切です。

次に血栓ができにくくなります。血栓はできてしまうと血液の流れが滞り、心筋梗塞などを引き起こします。DHAには血管の老化を防止し、血栓をできにくくします。

この他、脂肪の燃焼を促したり、血圧や血糖値を下げたりする働きがあります。血圧の場合、たとえ血管内で血液が勢いよく流れても、血圧が高くなるのを防ぐことができます。そのためDHAは血管に関する病に効果があります。

生活習慣病対策以外でもDHAにはこんな働きが!

また、生活習慣病以外ではアルツハイマー型の認知症予防や記憶力の向上の効果があります。DHAは脳の中に含まれている成分のため、脳の伝達能力を高めます。

また、DHAの成分は細胞を柔らかくする働きもあるので、網膜での反射機能を高め視力も回復することができます。

精神を安定させたり、アレルギーを予防したりといった働きもあり、DHAは人間が生きていくにあたって必要となる効果が多くあります。いわしやさば、あじ、まぐろ、かつおといった冷たい海にすむ魚に多く含まれ、うなぎやなすにも含まれています。

生活習慣病予防だけでなく、目の健康を考えた場合やアレルギー症状を和らげたい時、ストレスをなくしたい時にはDHAを摂取すると良いでしょう。


DHAとEPAにはどんな効能がある?

DHAとEPAはオメガ3という必須脂肪酸であり、マグロやサバといった魚に多く含まれています。この二つの成分は足りなくなると体内で、DHAが足りなければEPAが変化し、その逆に変化するという特徴があります。

なので一見同じような働きがあるとも考えられていましたが、実はその効能は似ているようで大きな違いがあります。

共通する点ではともに魚に多く含まれていて、頭がよくなる栄養素としても有名です。

DHAの大きな特徴としては目や脳にとってとても重要な成分であるということでしょう。

そしてEPAには血液の粘度をさげるという効能が期待でき、脳梗塞や心筋梗塞など血管が詰まることで起こる病気の予防によいとされています。

共に健康には欠かせない栄養素なので、積極的に補給してあげることが勧められています。

効率よくDHAとEPAを摂取するならやはりサプリが一番

前述したように体内で不足した場合には、足りない方に変化するという特徴もあるので両方の栄養素をバランスよく補給してあげるほうがより効果的ですが、どちらか一方でも十分に効果が期待できます。

効率よく補給するためにはサプリメントなどを利用するといいでしょう。

食品で補給したい場合、気をつけなければいけないのは、この成分は熱に弱いということです。マグロやサバ、シャケといったいわいる青魚に多く含まれているのですが、焼き魚や煮魚にすると2割程度、揚げ物にしたときには半分ほど栄養分が溶けてしまいます。

ですから栄養分を逃さないように食べたいときには、刺身で食べるのが効率的です。

DHAには学習能力や記憶力の向上など子供が積極的に補給した方がいい栄養素といわれていますが、最新の研究ではアルツハイマー病などの認知症の予防にも効能があるとされています。

体内で作り出すことができない栄養素なのでしっかりと補給をしなければ認知症などのリスクが高くなることもわかってきています。

しかしここで注意をしなければいけないのは、身体にいいからと言って摂りすぎてしまうのも良くないということです。

血液をサラサラにする効能も期待できるので、摂取しすぎると血が止まらなくなってしまうなどのリスクが発生する可能性があります。

サプリでDHAとEPAを摂取する際の注意点

サプリメントを利用する場合などは注意が必要です。

特に高血圧や血の流れをよくする薬などを服用している場合には補給しすぎないようしなければなりませんので、主治医や薬剤師などに相談しましょう。

DHAやEPAには、中性脂肪やコレステロールのさげる効能や血液の状態をよくしてくれる働きが期待でき、生活習慣病の予防につながります。

脳にも良い効能が期待できるので学習能力や記憶力の向上やアルツハイマーなど記憶力に問題のある病気の予防にも良いといわれている栄養素です。

体内で作り出すことができないので食事やサプリメントで補給してあげる必要がある栄養素でもあるので、体調によっては摂取のし過ぎも気をつけなければなりませんが積極的に補給してあげる必要がある栄養素といえます。