DHAとEPAの違いはなに?

DHAとEPAの違いってなに?

DHAとEPAは、青魚に含まれている栄養素としていまは多くの方に知られるようになりました。しかし、それぞれの違いを明確に理解している方は少ないのではないでしょうか?

これらの2つは、いずれも脂肪酸の中では不飽和脂肪酸という種類に該当しています。その中でも、不飽和脂肪酸として作用する性質が強いために高度不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸と言う名称で呼ばれるようになっています。

従って、どちらも体にとって欠かせない油の成分だということになります。

DHAの正式名称はドコサヘキサエン酸

まず、DHAはドコサヘキサエン酸が正式な名称です。

DHAは脳の伝達性を高めてくれる作用があるために、記憶力を高めることが期待出来ます。また、目の網膜への作用もあります。

それらの作用が期待できるため、頭が良くなることや記憶力が良くなることで人気となり、いまではサプリメントの中でも1、2位を争うほどの人気の栄養素となりました。

青魚と言えば安価で庶民的なものですので、本来は誰でも気軽にDHAを摂取できるはずなのですが、やはり魚嫌いの子供が増えていることもあり、一般の食材からは思ったように摂取できていないというのが現実です。

その他、最近では痴呆症の予防や改善効果についての研究も広く行われるようになり、再びDHAが脚光を浴びています。

EPAの正式名称はエイコサペンタエン酸

一方、EPAはエイコサペンタエン酸が正式な名称です。こちらは、血圧を下げる作用があります。

加齢に伴い高血圧になりやすいため、血圧の降下作用があれば正常な健康状態を保ったり、高血圧を軽減させたりすることが期待できます。

また、血液の流れを良くする効果が同時にあるため、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化の予防に役立ちます。

そして、中性脂肪を低下させる効果もあります。動脈硬化も中性脂肪の上昇も、特に加齢に伴ってリスクが高まってくるために、予防策としてEPAの摂取が望ましいとされています。

したがって、青魚による血液の流れが良くなるための成分というのは、DHAではなくEPAにあります。

普段の食生活の中で、これらの成分でどちらの働きを期待するかという意識よりも、両方の成分が健康維持のためにそれぞれの効果があると把握しておくと、より安心して摂取が出来るようになるでしょう。

青魚でDHAとEPAを摂取しきれない場合はサプリメントも活用しよう

アジ、サンマ、イワシなどの青魚を食べる食生活を継続して行くことで、DHAとEPAが持っている効果が期待できるようになります。

ただ、毎日の食生活で補い切れない場合には、これらの成分が配合されているサプリメントを活用するのも効果的な方法です。

たとえば、高血圧や動脈硬化の恐れの方が自分にとって強いと感じる場合には、EPAを多く含むサプリメントを選ぶようにします。

また、脳の老化を防ぎたいとか勉強で記憶力を上げたいとかの目的がある場合には、DHAを多く含むサプリメントを選ぶようにしましょう。

もっとも、現在市販されているDHAとEPAのサプリメントは両方がバランス良く配合されているものがほとんどですので、口コミなども参考にしながらまずは一つ試してみることをおすすめします。

 

DHA・EPAサプリ選びの参考:「DHAサプリを徹底比較!口コミで人気のDHAEPAサプリ|サプリマガジン